アパートの部屋が寒い!賃貸・ワンルームの防寒対策まとめ

一人暮らし便利グッズ

冬が近づくと色々寒いですよね。

隙間風は入るし、窓は冷たいし、一人暮らしだと人の温もりも感じられない。

防寒対策を科学的に見ると、寒さの原因は2つ。

  • 熱伝導(熱が伝わる)
  • 熱伝達(熱が移動する)

この2つの原因を防ぐことで理論的に寒さの対策ができます

賃貸なので、大掛かりな改装などは行えません。

後付けでできる、なるべく簡単で安価な防寒対策をまとめます。

後半で、実際に防寒対策をしてみたレビュー書いてますので参考にどうぞ。

部屋が寒くなる科学的原因を知ってから対策する

A型の理系なので、理論的な話から入ります。

興味が無い方は読み飛ばして、実際に行った防寒対策を見て頂いてかまいません!

3つの熱移動(伝熱)

部屋が寒い原因ですが、シンプルに言うと2つ。

  • 外の冷たさが室内に入る(伝わる)
  • 室内の暖かさが外に出る(逃げる)

これを理系の脳みそで考えると、どちらも熱移動になります。

つまり、以下のようにすれば部屋が暖かくなります。

  • 外気の冷たさが室内に入らない(移動しない)
  • 室内の熱が外に逃げない(移動しない)

伝熱(熱の伝わり方)は3種類に分けられますので、それぞれの特性を理解して対策して行きます。

伝熱の種類
  • 熱伝導
  • 熱伝達
  • 熱放射

熱伝導:物体の移動を伴わない熱移動

フライパンを火にかけたとき、実際に加熱されるのはフライパンの底ですが、持ち手付近まで全体が熱せられます。

フライパンという固体は移動していないが、固体の中で熱自体が移動する現象です。

物質によって熱の伝わりやすさが違います。熱が伝わりづらいものを使えば熱伝導を抑えられます。

熱伝達:熱を持った物質が移動することで熱移動する現象

熱伝導の逆の意味ですね。物質が移動しますので、流体に対して使われます。

部屋で言うとすきま風など。

熱を持った空気自体が移動することで、室内の熱が空気とともに外に逃げてしまいます。

対策としては、熱伝達が無いように気密性を高める。窓やドアの隙間をふさぐことです。

熱放射:電磁波として放射される熱エネルギー

電磁波としてエネルギーが伝わり、対象の物質に接触して熱を持つもの。

例えるなら電子レンジでしょうか。電子レンジは暖めるものに対して、火や熱いものが触れていません。

電子レンジの中にある空気もドアを閉めているので、基本空気などの出入りはありませんよね。でも暖まります。

あと太陽熱も。

太陽から地球はおそろしく距離が有りますので、直接暖められてるわけではありません。

宇宙はマイナス50℃とかですから。

太陽からの電磁波が地球まで届いて、空気中の粒子や地面に当たって熱に変化しています。

寒さの原因を取り除ける対策やグッズを使えば解決するはず

寒さとは熱の問題ですので、科学的・理論的に説明が可能なものです。

なんとなくイメージで「あたたかそう」というものを試すより、理論的に「暖かくなる・寒くなくなるはずだ」と言える対策をとった方が合理的です。

次から、そもそもの寒さの原因を取り除ける・軽減できる対策とグッズをまとめていきます。

玄関ドアからの冷気を遮断

ドアの隙間を塞ぐ

ドアのように人が出入りできる部分は空気も出入りします。上下左右の隙間が無いか確認して、少しでも隙間があったら塞ぎましょう。これだけでだいぶ違いますよ。隙間用の商品は色々ありますので、用途別にうまく使うといいそ思います。

▼下の隙間を塞ぐ

▼引き戸、大きめの隙間

▼ちょっとした隙間

個人的にはモヘアシールが重宝してます。

4mm〜9mmくらいと毛の長さが種類があります、4mmや6mmなど短い方から試すのをお勧めします。9mmは結構隙間がガバガバじゃないとドアが閉まらなくなります(笑)

ドアポストも塞ぐ

意外と空気の出入りがあるのがドアポストです。完全に使わなければドア外側の口を目張りしてしまう。つかう場合は内側の隙間を減らします。内側に開閉部分に影響がなさそうな範囲で隙間を塞ぎましょう。

上の隙間テープを使ってもいいし、マスキングテープであれば後で剥がしやすいのでいいと思います。

1Rは部屋とドアの間切を作る

1Rは玄関と居住スペースが空間的につながっていますので、間切を作って簡易的な1Kのようにします。これで玄関からの冷気が流れてくるのを少しでも抑えられますし、室内の暖かい空気(エアコンなど)が玄関へ逃げることも減らせます。

▼簡易的なのは暖簾(のれん)

ただ、暖簾だと下の部分に隙間が空いた状態になります。

▼しっかり間切るなら

これだと床までぴったり塞ぐことができますね。

▼つっぱり棒で吊るすのが基本

暖簾によって違いますが、太さ3cm以下の細いつっぱり棒であれば使えるはず。幅は部屋の構造に合わせて必要な長さを選んでください。

▼つっぱれない場合はこちら

↑これだと壁に貼って好きなところにつっぱり棒をかけられます。

やり方はいろいろありますが、基本的に断熱効果が大きくなるほど、利便性が利便性が下がる(人も通り抜けづらい)ので、好みにあったものをどうぞ!

ドアに断熱シートを貼ってしまう

隙間ではなく、ドアそのものが冷たくなってしまい室内に冷たさが伝わってしまう場合ですね。

こういった断熱シートをドアに貼ってしまいます。特に鉄製のドアの建物だと違いがわかると思います。

窓の冷えを遮断

カーテンを2重にする

まずはカーテンを2重にしていない場合は、ちゃんと2枚つけましょう。これでもカーテンとカーテンの間に空気の層ができるので断熱効果がありますよ。

可能であれば、薄いレースカーテンではなく断熱効果のあるものを使えばより冷え対策になります。

断熱カーテンを追加

通常のカーテンに追加する形で、冷気を防ぐ用のカーテンをつけます。これはカーテンといっても、ビニール素材のものです。

冷蔵庫の中にビニールを貼って省エネにするのと同じ原理です。通常のカーテンより長めにして床との隙間も無くすような設置方法になります。

窓ガラスにプチプチを貼る

商品の梱包などで使われる緩衝材(いわゆるプチプチ)です。これを窓に貼ることで、2重窓のような構造にしてしまえというもの。普通にプチプチを貼ってもいいですし、窓に貼る用のプチプチ商品もあります。

▼柄つきのプチプチもあります

窓のサッシを断熱

窓のサッシ(フレーム部分)ですね。アルミ製のサッシがよく使われています。

ガラスに比べたら面積は少ないですが、アルミは熱伝導率がとても高いので外部の冷気が伝わってしまいます。触ってみるととても冷たくなっているのがわかると思います。サッシ用の断熱シートを貼って対応しましょう。

▼柄も色々あるのでお好きなデザインをどうぞ。

床冷えを無くす

隙間を無くしても、構造的に床が冷えやすくなっており、そのせいで室温が下がっていることも考えられますね。また、冷たい空気は下に集まりますので、どうしても足元が冷えます。

ホットカーペット

ホットカーペットはかなり人気ですね。

  • 直に足元をあたためてくれるので体感的にとても暖かい
  • 暖房器具と異なり、乾燥の心配がない
  • 暖房器具の中では値段がお手頃
  • 低い位置を温めるので、空気が循環し部屋全体が温まる

特に床に座る生活の人は重宝します。サイズも選べます。

カーペットの下に断熱材

カーペットやホットカーペットの下に断熱シートを敷くことで、更に床冷えを防げます。

これを敷くことで、床からの冷気を防ぎ、ホットカーペットの効果もアップします。

寒さ対策をしてみたら室温が3度上がったレビュー

都内のボロアパートで実験しました。

東京の冬は寒いです。間取りは1K。賃貸ですので大掛かりな防寒対策は難しい。

その前にそんなお金が有ったら、はじめから寒くない部屋に住んでる。

なるべく安上がりで、かつ賃貸でも可能な防寒対策を探して実践しました。結果、室温が3℃程上昇したので効果があったのかなと思います。

参考になればどうぞ!

窓の防寒対策にプチプチ

実験の部屋は1K。

間切の無い、玄関ドアから直で部屋に通じるタイプです。ドアの冷気がそのまま室内に伝わります。

12月は夜間エアコンを22℃設定にしていても、温度計の表示は13℃くらいでした。

ガラスの熱伝導による冷えの対策。

ガラスはそれほど伝導率は高くないと思うのですが、薄っぺらいので熱が伝わります。これの対策として寒い地域で使われているのが2重窓というものですね。

今回使ったのはこいつ。

マドピタしーと

何かというと、いわゆるプチプチです。商品の梱包などに使われるプチプチです。

証拠にホラ。

プチプチがプチプチに包まれて届きました↓

マドピタシート2

張り方は簡単。

裏のシートを剥がせば粘着面になってますので、窓に貼るだけです。

マドピタシート3

はみ出た部分をカットするのが少し面倒でしたが、1枚5分〜10分もあれば終わると思います。

↓張ったのがコレ。

左が元のガラス窓。右がシート貼ったもの。

マドピタシート4

見ての通り、デコボコ(ザラザラ?)の窓ですが問題なく貼れました。

よく、水張りタイプの商品がありますが、これだとデコボコ面には張り付きません。

デコボコガラスの人は粘着タイプがオススメです

↓明るいとき

マドピタシート5

葉っぱの柄がなかなか良いです。※温室を作って変な葉っぱを栽培している部屋ではありません。

ここまでで、1.5℃〜2℃くらい温度計が上昇しました!触っても冷たくない!

プチプチの中にある空気が、ガラスに比べて熱伝導率が低いので熱が伝わりにくいということです。いい感じです。

あと、このシートは紫外線もカットしてくれるタイプ。絵柄も色々あるのでお好みでどうぞ。

玄関ドアの防寒に断熱マット

さて、続いて玄関ドア。

僕の部屋は鉄板ドアですので、熱伝動が素晴らしくドアが超冷たいです。同じくプチプチ貼ろうかと思ったのですが、プチプチ程度では防げないと思って選んだのがコレ↓

ホットマット

本来はカーペットの下に敷くもの。発砲ポリエチレンが熱伝導の低さで熱移動を防ぐ。更に、アルミ面で熱放射を跳ね返します。

これをドアに貼付けてやりました。

ホットマット2

汚いとか言わない!

見た目は非常に悪いですが、本来の断熱材なんかは見た目こんな感じです。壁の中とか天井裏を見るとこれとそっくりなんですよ。

見た目を気にする人はこの上からポスターを貼るなり、レースのカーテンを貼るなりすればOKです。

一応最初は気を使って両面テープでつけようとしました。良く有る剥がせるタイプの両面テープです。

これがポリエチレン面に全然粘着しなくて諦めました。

買いに行くのも面倒なのでガムテープで代用です。

もし、両面テープを使うなら屋外タイプとか強力タイプを使うことをおすすめします↓

外からの冷たさが伝わりづらくなり、室内の熱はアルミ面に反射して戻ってきます。

これが終わった時点で、さらに1℃くらい温度上昇。

玄関周りが暖かくなった気がします。

おまけ(隙間ふさぎ)

あまったプチプチは玄関ポストの囲いに使いました。

プチプチドアポスト

このように穴をふさいで空気の出入りをなくすのが、熱伝達の対策ですね。

あとは、窓やドアの隙間を見てみてください。

手を当てると意外と外の空気が流れ込んできてます。これもでかい。

モヘアシールで隙間を埋めましょう。

部屋の防寒対策レビューまとめ

13℃くらいだった部屋が16〜17℃になったので満足です。

体調管理のためにも、暖房代節約にもなるので我慢せずやっちゃいましょう。

「部屋を温める」以外にできる防寒対策

上記の内容で可能な限り室温を上げる対策をした上で、それでもまだ寒い・温まらない場合もあります。

この場合は考えを変えて寒さを乗り切れるようにしましょう。

コタツを置く

どうしても部屋が寒いならいっそコタツ生活をするのも一つの手です。

ワンルームや一人暮らしでも使えるサイズの商品もたくさんあります。

床に座るのがつらい人は、椅子付きの高いテーブルのコタツもあります。

冬以外の季節はこたつ布団を外して、普通のセンターテーブルとして使えます。

>>Amazonこたつランキングを見る

寝るときは湯たんぽ

電気も火も使わないで暖を取れる湯たんぽ。

熱すぎることもないし、空気を乾燥させることもないので寝るときも安心です。

昔から使われているエコな温まり方です。

お湯を入れるものだけでなく、充電式のものもあります。

カバーもオシャレなものからカワイイものまで様々です。

>>Amazon湯たんぽランキングを見る

温かいインナーを着る

防寒性能の高いインナーを常時着ておく。これもあり。

商品はいろいろありますが、やはりユニクロのヒートテックが人気でしょうかね。

ユニクロは残念ながらAmazonや楽天に出品していないので、お店に行くか公式サイトで手に入れましょう。

部屋の寒さ対策まとめ

  • 玄関
  • その他あらゆる隙間

この中から、自分の部屋の寒さの原因になっていそうな場所から順番に対処してみましょう。3〜5度くらいは変化あると思います。それに、エアコン代の節約にもつながりますね。

とりあえず、寒いということは隙間がある可能性が大きいので、モヘアシールを持っておくことをオススメします。あると隙間を探して埋めたくなりますよ!

>>エアコン以外の暖房器具まとめはこちら

▼エアコンの効率をアップさせたい場合

エアコンの冷房・暖房効率が上がる|サーキュレーターが超おすすめ
今住んでいる部屋は、冬にエアコン(暖房)を25度に設定して24時間稼働させているのに、何故か室温が19〜20度にしかなりません。寒いです。 部屋を温める方法として、 暖房器具を設置して熱源の追加 (ヒーター・ストーブなど) ...
タイトルとURLをコピーしました